オンラインゲームまとめ

オンラインゲームのまとめです

そういえば・・・

そういえば・・・FF11直結事案を見なかった気がした。

「リアル夫婦です」と一緒に遊んだ香港の人はいたけど

ゲームがきっかけで結婚しましたー。も

LSでオフやって直結したはいいけどもめた。も

自分の周りで聞かなかったな。

あるところにはあったんだろうが。

FF11フレンド列伝?その1「LSオーナー」

FF11バストゥークからスタートし

二番目の街セルビナあたりでサポートジョブ取得クエでひっかっかった。

その時集まったメンバーとクエストをクリアしてジュノという大きな町

に移動する際苦労した。

そんなメンバーとLS=リンクシェルを立ち上げることになってメンバーになったという。

主催は女性タルタルのナイトだった。

FF11をやってる人なら知ってると思うがタルタルは前衛職がものすごく不利なのだ。

HPが低くSTRも低いため。逆にMPは高いのでどちらかというと後衛向きなのだ。

(実際装備やPS次第で差は埋まるとはいえ・・・容易じゃないし、だったら最初から有利な種族でやれよってことだろ)

仲良くてオフやろうとまで話が至ったぐらいだったが(結局多忙なのでやれなかったが)愚痴もあまりなくエンドコンテンツいかなくても雑談でまとまっていた。

そんなこんなでLSオーナーが多忙を理由に引退したので「引退式」なるものをやった。

いわゆる送別会みたいなものだが・・当時割とやっているプレイヤーが多かった。

 

やっぱり多忙もあるけどやりたい種族でやりたいジョブが出来なかったのがきつかったんだろうね。FF14でも種族間のステータスの差が微妙にあるけど誤差と言われている。

DQ10でもあったけど現在はなくなっている。

種族間のステータス格差は個性ともとれるが現状合わない仕組みなんだろうな。

もうすこし詳しく書けると思うので加筆するかも。

 

 

FF11プレイヤー列伝?その6「配信者」

FF11から撤退して数年後なのだが

ニコニコ生放送で以前いたサーバーでFF11を配信している実況者がいた。

メイン赤魔道士赤魔道士らしくPT推奨のボスなどをソロ攻略していくスタイル。

要するにPTプレイではなく基本ソロプレイ。

なので配信者にありがちな「無断でPT内を配信された」というどのタイトルでも揉めそうなことが一切ないのだ。

にもかかわらず晒しスレでは「罪状 塾講師で女の教え子に手を出した」というゲームと無関係な罪状がついていた。

当時FF11配信はグレーとされ「配信が運営にばれたらBANされる」と言われていた。

(現在は特に問題ないようだが、これはFF11のサーバーの問題も絡んでいたと推測している)

配信者が目立つ故叩かれるのはいつものこととはいえ罪状がゲーム内の話ではないのはもうね。

 

*一応このシリーズ「叩かれていた」プレイヤー列伝は終わり(ネタが尽きた)ので

次回やるならLSオーナーなど出会って一緒に遊んだプレイヤー列伝になります。

FF11プレイヤー列伝?その5「寄生」

今でもある「寄生」プレイヤーと遭遇した時の話。

FF11の「雑談リンクシェル」のときにフレンドの紹介でrisingなるプレイヤーが加入した。常駐ではなくコンテンツ参加者と記憶していたがある時

すみませんー破軍がほしいのでコンテンツを手伝ってもらえませんか?」とチャットしてきた。

*破軍 侍が装備できる武器で当時一番人気が高い武器だった。

あるバトルフィールドクリアでのレアポップのため必ず出るとは限らず

運が悪いと何回もバトルフィールドに行く必要があり、かつPTメンバーで報酬をロット合戦しないといけないので運が悪いとPTメンバーに持っていかれる。

(これはFF11バトルフィールド全般の仕様である)

risingがあちこちでこのことを言っていたようで晒しスレッドで叩かれた。

罪状は「寄生」「無報酬で破軍をたかる寄生」とされた。

勿論彼の要求が通るわけもなくLSオーナーは拒否。他のメンバーも拒否し

彼はLSからいなくなったがその後も懲りず全茶でコンテンツの手伝いを呼びかけたりして叩かれていた。

 

このあとrisingEXなる偽物プレイヤーが登場(risingシリーズは複数作成されたがレベルが上がってきたのはrisingEXのみだった)し、risingと同じメイン侍でかつサーチコメントに「破軍がほしいので頑張ります」と書いてあり普通にレベル上げPTに入りこんでいた。

確かLv65まで上がっていたと記憶している。(当時のレベルキャップはLv75)

この辺でrising当人がすっと消えたと覚えている。

あるいは叩かれたのでキャラを作り替えたのかもしれないが以降破軍手伝いの全茶はなくなった。

 

今も「寄生」に関しては厳しくたたく人が多いが

叩き方も単に晒上げ、人格攻撃だけじゃないんだよというお話。

 

FF11プレイヤー列伝?その4「精神障碍者」

タイトルの通り「精神障碍者」を自称するプレイヤーがいた。自称なのだが男性で双極性障害と言っていた。

当然晒しスレッドでも叩きの対象となり、何度かキャラデリ+新規作成を繰り返していたが引退するまで叩かれていた。

罪状は「精神障碍者を自称し、障碍者への理解をブログで呼びかけた」「女性プレイヤーに対して赤ちゃんプレイor幼児プレイをしたハラスメント行為」なのだが

自分が彼に遭遇した(クエストの攻略PTで一緒だった)ときは

ダンジョンの奥地で「彼女がリストカットしちゃった!!!

20分ほど離席していいですか?」と発言した。

当然メンバーも「しょうがないからいっておいで」みたいなことをいって待っていた。

この彼の発言本当か嘘か今では定かじゃないが

リアル優先で終わるのではないだろうか?

20分と言いながら1時間近く過ぎ戻ってきて「ごめんね」と謝罪、そのあとは無事プレイを最後までしてパーティは解散した。

特にこの時PTではギスギスする様子もなく彼がこのことで叩かれることもなかった。

 

「精神障碍者への理解を呼びかけた」と晒しスレにあったので彼のブログを見に行ったが「普通に障害を持っている人の日々のつぶやき」だった。

ゲーム内ならまだしも個人ブログで普通の生活をつぶやき、障害への理解を求めても何の罪なのかわからなかった。

もう1つの女性プレイヤーへのハラスメント行為については運営に通報してBANしてもらえばいいと思った。晒しはしょうがないにしてもだ。

晒にしてもスレッドの文字のみでハラスメント行為の証拠のスクリーンショットもない状態なので本当にあったか第三者としてはわからなかった。

 

確かに自分も彼とプレイして「リストカット」の単語を出されて驚きはしたが

それが「彼の現実」なのだと思えばそうそう変なことでもない。

例えば「会社からの呼び出しで突然プレイを中断しなくてはならない」

「親がキレてゲームを中断せねばならない」

「子供or家族が急病で病院に連れていくのでPT抜けなくてはならなくなった」などなど

オンラインゲームのプレイで何度も遭遇してきた。

こればかりはだれでも起きうるので彼が特別悪いようには思えなかった。

 

FF11プレイヤー列伝?その3「ツーラー」

タイトルにツーラーとあるがいわゆるDPS(ダメージ測定)などを主目的とする「ACT」ではなく解析などのツールを利用していた。ACTのDPS計測にも普通見えないデータから解析しているが

 

同じサーバーで有名なプレイヤーの多くが

「メイン暗黒騎士」だった。

例えば「holy」というガルカ暗黒騎士が痛いことで晒されていたが

(暗黒騎士なのに「聖なる」を意味しているホーリーは皮肉だ)

モブの取り合いでとにかく相手が攻撃モーションしていようがスルーして取る、その結果相手が折れるまでそれを繰り返すといったことをしていた。

(私も最盛期のGT=ゴールデンタイムには似たようなことをしたり指示していたし

そのような考えのプレイヤーも少なくなかった。

先のLSオーナーウリエルはそのことを批判していたが)

他にも尾ひれがついたが狩り場での言動で痛いのはそれぐらいだろう。

 

次に「worldx」というエルヴァーン暗黒騎士がいた。

震度5強ぐらいの地震の時にジュノ下層全茶で

「みなさんのザナルカントは無事ですか」

(注 ザナルカントはFF10の地名)と叫んでいた。取り巻きと「裏」主催で

レリック武器を目指していたが言動が派手ため晒しで叩かれた。

(裏主催に関しては他のプレイヤーも複数レリック目的or金策でやっておりworldxが特別なわけじゃなかった。)

当時はTwitterや配信ではなく「ブログ」が主流だったのだが

worldxもプレイ日記(裏活動含めたゲーム内のこと、取り巻き立ちとの会話など)をつづっていたがある日スクリーンショットで「ツール使用」とみられるものを投稿して一気に叩かれた。

 

そう「ハゲガルカ祭り」の対象になった。

某ゲェムと違って「明らかに害悪なプレイヤー」への祭り発動であり

過去には「取引orトレード詐欺」「暴言」などで祭りがあった。

この時もサンドリア首都に集結したがGMゲームマスター

「特定プレイヤーへの批判はNG」と通達してきたため参加者たちも

「ならばツールへの啓蒙のためやる」と返答しGMが止めなかったため

祭り自体は決行された。

 

しかしながらworldxはなにもお咎めなしにゲームをし続けある日突然消えた。

ブログには「仕事が忙しい」と度々書いており単に忙しくてやめたのではないかと私は思っている。

晒しでは「言動から障害の気あり」など言われていたが「単に騒ぐのが好きなプレイヤー」だと思った。(当時「精神障碍者」を名乗るプレイヤーもいたことはいたがそちらも当然叩かれていた)

 

ツール使用に関しては許されるものじゃないがGMをはじめ当時の運営も明確な処罰を下せていなかった。(証拠がブログのスクリーンショットだけなので強くないのもある)ツールに関しては今も騒がれているがもともと古参のゲームでもあったというお話。